助成金制度について

滋賀県・大津市の助成金:障害のある方への助成

在宅重度障害者の日常生活を容易にするため、便所・風呂等を特別に障害者向きに改造する場合、その改造費の一部を助成します。(但し、改造前に申請したものに限ります。)
健康長寿課の小規模住宅改造経費助成との併用はできません。
また、介護保険の住宅改修、日常生活用具の住宅改修費助成の対象となる人は、200,000 円(対象額)がそれらの制度から優先利用となります。

申請が可能な方
  1. (1)身体障害者手帳(肢体不自由1~2級、視覚障害1~2級)所持者
  2. (2)療育手帳A所持者
  3. (3)上記の(1)・(2)の人が共同住宅に居住している場合、その共同住宅等の設置者
※但し、本人または配偶者及び扶養義務者の前年の所得税課税所得金額(各種所得控除後の額)が、特別障害者手当の所得制限限度額を超えないこと。
対象となる改修内容

事前に申請をし、在宅重度障害の日常生活を容易にするための工事だと判断されれば、幅広い内容で利用可能です。

支給限度基準額

対象費用の2 分の1 以内(限度額は下記のとおり。)
介護保険の住宅改修、日常生活用具の住宅改修費給付の対象者 250,000円
上記以外の人 350,000円

滋賀県・大津市の助成金:小規模住宅改造経費助成金制度

日常生活動作能力の低下した65歳以上の高齢者の排泄や入浴、移動などを容易にするために行う住宅の改 造経費の一部を助成します。

申請が可能な方
  1. (1)大津市内に住所および住民票を有する方
  2. (2)65歳以上の方
  3. (3)加齢に伴う身体上又は精神上の障害によって寝たきり又はこれに準じる状態にあること(日常生活動作能力判断基準のA・B・Cランクに該当すること)
  4. (4)入院中でないこと(退院の予定の場合には要相談)
  5. (5)ご本人と、その配偶者または扶養義務者の所得が老齢福祉年金の給付制限を超えないこと
対象となる改修内容

便所、浴室、廊下、玄関などへの手すりの取付け、段差の解消、昇降機の設置、車いす対応への改造など。

支給限度基準額

改造に要する工事費の2分の1の金額(1世帯あたり25万円が限度)

※限度額を超えるまで何度でも申請可能です。

滋賀県・大津市の助成金:転倒予防のための屋内改修サービス

要支援・要介護認定を受けていないおおむね65 歳以上の高齢者で、屋内で転倒する可能性の高い方の転倒 を予防するために行う軽微な屋内改修の経費の一部を助成します。

申請が可能な方
  1. (1)市内に住所および住民票を有すること
  2. (2)おおむね65歳以上であること
  3. (3)要支援、要介護認定を受けていないこと
  4. (4)加齢に伴う身体上又は精神上の障害があること
対象となる改修内容

便所、浴室、廊下などへの手すりの取付け、敷居の段差解消などの軽微な改修(屋内の改修に限られます。)

支給限度基準額

屋内改修の工事費の9割
但し、1か所の工事費は5,000円以内、上限50,000円(原材料費は利用者負担)